Q&A|竹皮・竹の皮の販売の事なら岐阜県可児市の吉田包装店へ。

Q&A

Q&A

ここにある以外でも、ご質問があればどうぞお寄せください。

Q:竹皮の優れているところは?

竹の皮には殺菌力があり、食品の保水性も抜群です。保存に優れ(腐りにくい)、乾燥しにくく(蒸れない)、変色しにくいた め、食品(おにぎり、お肉、お寿司)などの長時間保存には最適です。また、竹皮の表面は石畳のような特殊な蝋質なので通気性、撥水性が高く、魚やちまき等 の蒸し料理などの容器としてもご利用いただけます。小豆などを煮る時なども、竹皮の一欠けらを入れておくと短時間で煮え、煮魚を料理する時、鍋の底に敷いて煮ると煮崩れが少ないと言われています。

Q:竹皮として最も多く利用されている竹は?

竹はマダケが多く利用されています。マダケはイネ科の竹で、高さは約20メートル。茎は太く、節に環状の突起が2つあり、 節から枝が2本出て、5、6枚の葉が手のひら状につきます。夏に出る竹の子を食用とし、やや苦味があり、皮は平滑で黒い斑紋があります。茎を竹刀(しな い)・弓・尺八・物差しや建材に利用しています。

Q:竹皮を長期間保存しておいても、悪くならないのでしょうか?

保存状態にもよりますが、数年間ほとんど変わらなくご使用できます。過度の乾燥・湿度には充分注意し保存してください。

Q:竹皮が固く曲げると割れそうな時は?

乾燥しすぎているので水に浸けてしまうと、後に水分が残ったらカビてしまうことも考えられます。
そこで竹皮全体に水をスプレーし、布巾などで包んでしばらくおくと、幾らか水分を含んで柔らかくなり取扱いやすくなると思います。

Q:竹皮を電子レンジで加熱したり、冷凍したりできますか?

もちろん電子レンジで加熱、冷蔵庫で冷凍、解凍もできます。

Q:竹皮を注文するにあたり、大きさや形などこちらの要望に応えていただけますか?

もちろんご要望にお応えいたします。お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP