出荷までの工程|竹皮・竹の皮の販売の事なら岐阜県可児市の吉田包装店へ。

出荷までの工程

竹皮の出荷工程

1.竹皮拾い

竹皮の落ちる時期は梅雨時で、例年6月中旬から7月上旬の頃。晴れた朝落ちるので、かびさせないためにも午前中に拾います。

2.仕入れ

上質の竹皮を仕入れます。

3.丈選り

長さを9段階ぐらいに分別します。

4.水かけ

同じ長さのものばかりを束ね、水をかけて一晩おきます。

5.伸皮

湿った状態で型に沿って、手で1枚ずつ伸ばします。

6.乾燥

適当な大きさで縄で縛り、天日でよく乾かします。

7.幅選り

10種類ぐらいの幅に選り分けます。裏側もよく見て、2等品、3等品も選び出します。

8.仕上げ

幅を順番に揃え、1kg程度の大きさに縄で縛ります。

PAGE TOP