竹皮・竹の皮の販売の事なら岐阜県可児市の吉田包装店へ。

天然竹皮 吉田包装店

会社紹介

天然竹皮の色と香りをそのままに。

吉田包装店では、竹皮の加工販売を行っております。国産の上質な竹皮のを皆様にお届けします。

詳細はこちら

竹は今ではやっかいなもの荒廃竹林・竹害と言われ各地で竹林整備・里山保全など多くの人が奮闘されていますが、なかなか需要と供給が上手く回ってないと聞きます。その竹と共に原料の竹の皮も有効利用されずにいます。
とてももったいないことです。日本人は300年以上前から竹皮を使用してきました。現在では主に食品包装資材としておにぎり、肉、蒸しようかん、さば寿司(棒寿司・バッテラ)、蒸し調理など。
毎年梅雨の頃竹の成長と共に風にゆられ音をたてて服を一枚一枚脱ぎ捨てるかのように落ちる真竹の竹の皮。天然の持つ独特の色あいの美しさや香りは日本の風土に合い、日本人の心になじんでやすらぎ、落ち着いたやさしい気持ちにさせます。
竹皮をもっと知ってもらい、後世の人にも使い続けていってもらいたいと思います。
又、竹皮に限らず国産の特用林産物をもっと大切にしていってほしいと願っています。


PAGE TOP